豆知識

日本三大ホテルにおける豆知識

okura-tokyo001m

今の若い人は(私も含めて!?)あんまりこの日本三大ホテルとか聞いても、パッとしないと思う。

ただ、良い時期を過ごしたお金持ちたちが、このホテルを今も利用するには理由がある。

 

まずは日本三大ホテルといえば

帝国ホテル、ホテルオークラ、ニューオータニ「(ホテル)御三家」とも言われている。

ただ、これがもう20年位前の主流で今は外資系が圧倒的に優っているように思う。

詳しい事情はAll aboutに書いてありました。

 

御三家のうちで、最も高級と言われているのは、オークラ.

未だにどこかの、御曹司とか言うと、結婚式はオークラじゃないと・・・って意識があるらしい。

 

三大ホテルが今も其の名誉を保っている理由。

それは良い宿泊施設、良いホテルマン、良い料理(飲食店)が揃っているからだと聞きました。

ホテルには泊まらないけど、この御三家でご飯を食べた事がある、もしくはご飯を食べに行ってみたいという人は多いと思う。

確かに私も何度か食事をしたりバーを利用したりは宿泊前にしていました。

その中で一番劣ってるのは・・・残念ながら帝国ホテル。

下のバーは上から目線で、上のバーは明るすぎる、広すぎる・・・><

ただ、上のバーの景色は良かったよw

こんな東京が見れるんだと思った。(皇居見下ろしモード)

 

今、取って変わった、日本外資系三大ホテル(マンダリン、リッツ、パークハイアット)のうち、

私が一番素敵で高級だと思ってる場所、マンダリンには、三店舗もミシュランに入ってる。

バーも素敵すぎる。

とにかく良いと言われるほてるには、良い料理店がつきものなんだよね。

だから、良いホテルに泊まったとき、そこのご飯を食べなきゃ、ほんとに勿体無いんだ〜

と思う。(最近気がついた)

 

もちろん、政治的に使われてるホテルであることも確かなので、

その辺の需要で三大ホテルと言われてることもあるかもしれないけど・・・・

東京に住んでない、田舎者の私たちには、よくわからないことだw

Similar Posts:

    None Found

コメントを残す

*